学研教室に通って勉強が習慣化

私の娘は近所の学研教室に小学校1年生から通っています。
私たち親から学研教室に通わせ様としたのではなく、娘から進んで行きたいとのことだったので、通わせました。
うちの近所では同年代の子供が非常に多く、今では娘の友達もかなりの人数が学研教室に通っています。
週2回、30分程度の授業ですが、基本的には毎日分の宿題が出されていて、週2回教室に行く時には、提出するという流れが習慣化されているので、娘が自宅で宿題をしない日はほとんどありません。
私たち親から、学校の宿題や学研の宿題をやりなさい!と声を掛けたこともほとんどありません。
小学校1年生から学研教室に通ったおかげで、家で宿題をしたり、勉強をしたり、わからない事があればすぐ調べたり、親に聞いたりすることが自然となっているので、とても効果があったと思っています。
自分が子供の頃の事を考えると、信じられないくらいに、しっかりと勉強していますし、本も読んでいるので、親でありながら感心しています。
うちの娘は私に似ていて負けず嫌いな性格をしているので、年に数回ある学研教室の学力テストなども良い刺激になっている様です。
まだまだ小学生なので、そのテストに向けての勉強をする訳ではないのですが、日々宿題などをしっかり継続して勉強することが、テストで良い点数を取れると思っている様なので、今の所安心しています。
これから高学年に向けて、学校の授業も難易度が増して来ますので、これからが大変になって来ると思いますが、学研教室に通い、学校の授業内容を先行して勉強しているせいか、授業の内容でわからないことがあまりない様で、勉強を嫌がらないので、それが一番良かったと思っています。
自分が、現在も含めて自ら真剣に取り組みたいと考えていたもの(勉強やスポーツなど)は時間や期間なども苦になりませんし、その楽しみや効果なども抜群だと思いますが、どうしても人に言われて、やらされたものは楽しみも効果も半減してしまっている様な気がします。
今後も、基本的には娘の自主性を重んじて色んなことにチャレンジさせて挙げたいと思いますし、勉強面などではその中心に学研教室が今後も重要な役割を占めていくと思います。
子供にとっては、勉強面などで自分のやっていることが正解なのか間違いなのかの判断がまだまだつきにくい場面が非常に多いと思いますが、私たち親以外で、その判断の背中を後押ししてくれる存在に学研教室がなっていると思いますので、本当に助かっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です